おいしい和菓子で心と体にヘルシーな生活、始めてみませんか?

  • 京都のどら焼き、京みかさ 阿月
  • 縁起のいい贈り物・焼印入りどら焼き
  • トップページへ
  • 京阿月のこだわり
  • ご注文について
  • 京阿月の総合ページへ
和菓子には“四季”が息づいています

京都の和菓子は、季節とともにあります。
新しい年が明けると、まず人びとが買い求めるお菓子が「葩(はなびら)餅」。
白い餅を平らにのばして紅く染めた求肥を重ね、蜜漬けにして柔らかくした葩(はなびら)ごぼうと白味噌の餡を載せて、二つ折りにします。中の求肥がピンク色に透けて、何とも清々しく、おめでたい雰囲気。これは、宮中の正月行事「歯固め」の儀式が原型とされ、茶道では初釜に用いられる代表的なお菓子のひとつです。
春のお彼岸になると「ぼた餅」を食べます。ぼた餅の名は、春咲き誇る牡丹の花にちなんでつけられました。これが、秋のお彼岸には萩の花にちなみ、「おはぎ」となります。
京都の人は、店頭に並ぶ和菓子を見て、「ああ、もうそんな季節になったんだな」と感じたり、和菓子をいただきながら、「今度のお休みに花を見に行こうか」と考えたりするのです。
小さな和菓子ひとつから、情趣ゆたかな世界が広がります。


和菓子から見えてくる日本人の心

もうひとつ、うんちく話をさせてください。
京都の人が、必ず6月30日に食べる和菓子があるのをご存知ですか?それは「水無月」と呼ばれる和菓子で、白のういろう生地に小豆を載せ、三角形に整えたもの。これは1年のちょうど半分にあたる、6月30日に食べることに意味があります。
京都では1年の折り返しにあたるこの日に、半年分の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を願う「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。この「夏越祓」に用いられるのが「水無月」。小豆は悪魔を祓い、三角形のういろうは、暑気を払う氷を表していると言われます。
また一説には、ういろうは四角い田んぼを半分にした形、とされ、半年間の稲の生育に感謝し、残り半年で豊かに実ることを祈願したと言われています。
こんな風に、人びとは昔から、幸せに生きたいという思いを、季節のお菓子に託してきました。「京阿月」でも、ひとつひとつのお菓子にこめられた思いや言い伝えを大切に、季節にちなんだ和菓子を作り続けています。


みかさ?どら焼き?-どちらも縁起のいいお菓子です

関東では、丸い形が銅鑼に似ていることから「どら焼き」。
関西では、なだらかな円錐形の奈良の三笠山にちなんで「みかさ」。
出発を告げる銅鑼、古代から神の山と崇められた三笠山、どちらにしても、縁起のいい名前をもつお菓子です。
所変われば作り方にも違いがあり、関東では、おいしそうな焼き色をつけるために、しょうゆを少し、生地に混ぜるのだとか。
私たち「京阿月」では、たまごと小麦粉と砂糖、そしてはちみつだけを使い、あとは季節に応じて生地のやわらかさや甘味を調整しつつ、つくっています。


まだまだあります!行事や言い伝えにちなんだ和菓子
■ みたらし団子「こぼんちゃん」

葵祭や御手洗祭で知られる下鴨神社。神様に捧げる神饌としてつくられたのが、みたらし団子のはじまりとされています。しょうゆだれの甘さと香ばしさが人気の京阿月のみたらし団子は、お団子の串をもったかわいい男の子のキャラクターから、「こぼんちゃん」と名づけられました。

こぼちゃん

■ 六角堂でしか買えない「へそ石餅」

華道池坊発祥の地として有名な京都・六角堂。ここの名物が「へそ石餅」という変わった名前のお菓子です。へそ石とは、六角堂の境内にある礎石のこと。この石が丁度京都の中心を押えている―つまりおへそにあたることにちなんで、このお菓子がつくられました。京阿月のお店では売っておらず、六角堂でだけ買うことができる、ちょっとユニークなお菓子です。

こぼちゃん

ご紹介の和菓子は、当社オンラインショップでもお求め頂けます。

インターネットでのお問い合わせ・お申し込みはこちら。